工事DXサービス

Construction DX

本邦にとってなくてはならない主要産業のひとつでありながら、3K「きつい」「汚い」「危険」のイメージを払拭しきれないことから、建設・工事業は慢性的な人手不足と生産性の低迷という大きな課題を抱えています。多くの事業者様が、このままでは長年培われた技術の継承ができないと、危機感を覚えておられます。
われわれプロトライブは、建設業とITという、一見相反する異質な業種を平行して経営してまいりました。双方の実情を近くでみてきたわれわれだから、異なる領域の知見を組み合わせることで危機に陥った業界のために提供できるサービスがある――そうした想いで立ち上げたのが、建設工事現場へのIT導入をめざす、工事DX(デジタルトランスフォーメーション)事業です。

IoT

深刻な職人不足を補うためにプロトライブがご提案するソリューション、それがIoT(Internet of Things)です。従来の建機や装備にネットワークを接続することで、機能を大幅に拡張。その代表例がウェアラブルカメラ、現場の映像を事業所と共有しながら、より少人数で効率的な作業が可能です。あるいは、ドローンによる測量や、遠隔操作の建機なら、作業者の安全を確保しながら危険地帯の作業も行えます。また、IoTを通して現場のデータをクラウドに蓄積、それを基に新たな価値創造や人員配置、作業工程の効率化に活用することも可能です。

Communication

工事現場のDX化は、なにも大がかりで高コストなものばかりではありません。作業現場向けの各種アプリケーションソフトは、お手持ちのスマートフォンやタブレットにインストールすればすぐにお使いいただけるため、導入ハードルが低い工事DXのひとつです。現場の人員と待機作業員の空き状況を照合し、適切なマッチングを行い、全国の工事現場で生じている職人不足を解決いたします。
また、現場間での情報共有や人員の位置情報を基に適切な人員配置を行い、作業効率を向上させます。

AI

熟練の職人が高齢化しており、経験不足の職人を現場で育成できない。そんなお悩みはないでしょうか? MC(Machine Control)/MG(Machine Guidance)建機が、貴社の課題を解決いたします。
トータルステーションやGNSSなどの計測機器が提供するデータを建機が受信し、搭載された高性能AIが作業者を的確にサポート。操作技術について不安を抱える経験不足の職人でも、熟練さながらの精度での作業が可能です。
また、AIのサポートのなかで、自然に操縦スキルを高めていけるのも強みです。

Paperless

労働時間が長時間に及ぶ。深刻な人手不足。それら建設工事業の課題を一気に解決しうるソリューションが、工事現場のペーパーレス化です。図面や現場写真、各種帳票、作業指示書や工程管理表まで、大量の紙資料が行きかう建設工事現場。
アナログな紙のやりとりを電子化すれば、大幅な労働時間の短縮と業務効率化が可能です。
大量の書類データもタブレットひとつで持ち歩くことができ、クラウドを経由させれば全国の事業所・現場間でリアルタイムのデータのやりとりが可能です。ソフトの導入から作業者様へのチュートリアルまで、ワンストップで承ります。

Smart Home

ITと建築、双方の知見を併せ持つわれわれプロトライブが双方のそれらを組み合わせて新しい価値としてご提案するのが、スマートホームです。ひとことでいうならば、それは住宅のIT化。
介護が必要な高齢者の方やお身体の不自由な方の生活を、ITで支えるまったく新しい福祉住宅です。複数のセンサーで居住者様のバイタルや火災発生の有無など、細かな安否を常に確認。緊急性のある異常があれば、ご家族様や外部サービス事業者にアラートが送られます。
バイタルや室温を感知できるルームセンサー内蔵エアコンが常に最適な室温に自動調節しますので、真夏でも熱中症の心配が要りません。高齢社会や介護業界の人手不足もまた、現代社会の課題のひとつです。
われわれプロトライブは、事業の垣根を超えて、そうした社会貢献にも積極的に取り組んでまいります。

TOP